収納で失敗しないために知っておいてほしい6つのこと


インターネットで検索すると、家の失敗ランキングにいつも上位にいる「収納」。

図面を見ているだけで「いい感じ」と思っていても、実際に住んでみてはじめて「失敗した」と思ってしまうということがおこりがちです。

そんな収納の失敗をしないために知っておいてほしい6つのポイントをご紹介します。

 1.大手メーカーの収納事情

大手ハウスメーカーでは、収納スペースを造りたがらないのが一般的です。

限られた面積で収納スペースを造ると、その分余計に壁をつくったり、ドアをつけたりしてコストもかかり、その上手間もかかります。価格が高くなってしまうんですね。

だから、規格型の住宅では、収納スペースがあらかじめ決まっています。(別途で注文すれば可能ですが、その分追加料金がかかります。)

なので、いざ生活してみると「もうちょっと広ければこれも入れられたのに、、、」ということが起こる場合があります。

2.収納スペースは大きければ良いわけではない

家を建てるにあたって、間取りはもちろんですが、収納スペースをどうしようかということにも悩みますよね?

まずたくさんのものをしまえる様にと大きい収納スペースを確保することを考えます。

しかしここに落とし穴があります。

たっぷりしまうことを考えて間口を大きくとることに気をとられがちですが、

実は奥行きも考えることが大事なのです。

例えば、既製品のチェストボックスを入れようとして、奥行きが足りずにチェストボックスが入らないなんてことも・・・

また奥行きを取りすぎて、奥が無駄なスペースになってしまったりします。

大きな収納スペースを考える時は、何をしまうかを考えて、用途にあった奥行きがある収納スペースをつくりましょう。

3.ウォーキングクローゼットの落とし穴

最近ではウォーキングクローゼットが流行していますが、すべての場合で便利なものではありません。

ウォーキングクローゼットは人が通るスペースを確保することによって収納スペースが狭くなってしまうからです。

この場合は壁付けの収納にして、人が歩く分の床面積他にまわすことができます。

部屋を広く見せたい方には壁付けの収納がお勧めです。

4.生活動線に収納スペースを

収納スペースにだけ気を取られて使う用途を忘れがちです。

たくさんしまうことだけを考えてしまい、いざ使うときに不便なスペースになってしまったら意味がないですよね?

例えば2階にたくさんの収納スペースを確保しがちですが、実際には1階に収納スペースが多い方が便利な場合もあります。

お出かけ用のコートや、お子さんの通学かばんなど、リビングや玄関にあると便利です。

生活動線に合わせた収納スペースはとても大事です。

使う時に使う場所で収納していれば取り出す時もしまうときもストレスなく片付けられます。

高い場所の収納スペースは使い勝手が悪くなり、どこに何をしまったのかを忘れてしまうこともあります。簡単に手が届くところにに大型の収納スペースがあると便利です。

5.すっきりしたリビングでも・・・

リビングが広い家はあこがれですよね。しかし広さばかりに気をとられていると失敗してしまうころも!

実は生活時間の長いリビングに、収納スペースがないと物があふれかえってしまいます。

リビングは家族が共有して使うものなどを、壁の厚さを利用して収納スペースをつくりそこにしまうのもひとつの手段です。

また、将来的に家族構成が変わったり、ライフスタイルの変化することを考えて、カスタマイズできるようにしておくといいでしょう。

6.キッチンにも収納を!

キッチンは意外とものがたくさんある空間です。

鍋や食器、保存食など・・・上げたらきりがありません。

そんなときあると便利なのが、「パントリー」。

保存用の食品や、普段使いしない食器やお鍋をしまえばすっきりとしたキッチンになります。

この時、棚の奥行きは深くしすぎないことがポイントです。奥行きがあると、食品などの賞味期限を見るのが難しくなり、いざ使うときに賞味期限が切れてしまったなんてことも・・・

奥行きを狭くしておけば、奥まで見え、何がどこに入っていてというのも分かりますし、賞味期限を確認するのも楽になります。

また、壁一面をパントリーにして、扉をつけその中に物をしまえば収納に困りません。

いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたことばかりですが、こういったポイントを押さえておくことで、より快適な住まいにすることができます。収納を決める前に、一度、この6つの話を思い出してみて下さいね。

おすすめ情報!

実際に収納にこだわったお家を見てみませんか?

なんだかんだ言って、やっぱり色々な収納スペースのやり方を実際に見てみるのが一番参考になります。
6月に開催予定の見学会では、収納にこだわった「廊下の壁をすべて収納にした家」をご覧いただけます。

ウイングホームの注文住宅では、入れたい物をお聞きしてから、それに合わせて収納を考えています

収納するものによっては、可動式の棚をつけたり、浅めと深めの棚を組み合わせたりして、後々の使い勝手が良いように工夫します。また今回のお家は将来ライフスタイルが変わった時に、収納スペースをカスタマイズ出来るつくりになっています。

ぜひ、足を運んで、あなたの住まいの参考にしてください。

 詳細はこちらの画像をクリックしてください
↓↓↓

牛久市 輸入住宅 完成見学会


ページ上部へ戻る