ペットと暮らす家~ねこちゃん編~


わんちゃんと暮らすお家に続き、今回はねこちゃんと暮らすお家の工夫のアドバイスをさせて頂きます。

わんちゃんとねこちゃんでは、運動量も、習性も違うので、ねこちゃんの為の工夫が必要になります。

・キャットウォークは必須

ねこちゃんは高い所が大好きです、自由に行き来出来る様に、キャットウォークをつけてあげましょう。この時、ねこちゃん専用の階段なんかをつけてあげても喜びます。

ねこちゃんの行動を考えた動線でキャットウォークを作ってあげましょう。

 

・ペットドア

壁や扉に、ねこちゃん専用の出入口をつくってあげましょう。猫ドアがあれば、猫は自由に出入りできるうえ、冷暖房も効率よく使えてエコですし、飼い主さんもドアを手動で開け閉めする手間が省けます。

・ひなたぼっこ専用の場所

ねこちゃんはひなたぼっこがとても大好きです。陽が当たりねこちゃんがくつろげそうな場所に、ねこちゃん専用のハンモックなどを設置してみてはどでしょうか。

 

・のぞき穴

ねこちゃんが入れないスペースには、ねこちゃんがのぞける、のぞき穴の設置を推奨します。

書斎等にこもって時間が経つのを忘れてしまっているときに、ねこちゃんが外から中を見られるようにしておけば、飼い主さんを確認できるので安心します。

・上下張り分けたクロス

真ん中から、上と下で違うクロスを貼っておけば、汚れやすい下の方だけ張り替えることが出来るので経済的です。

 

・爪とぎ柱

ねこちゃん専用の爪とぎ柱を用意しておけば、他で爪を研がなくなるようになります。

 

・むやみにニッチや棚を作るのはNG

ねこちゃんは高いところが大好きなうえに、棚から物を落とす名人といっても過言ではありません。むやみにニッチや棚をつくれば、ねこちゃんにとっては楽しいアトラクション同様です。

計画的にねこちゃんが入れないスペースや、扉をつける等して対策しましょう。

・脱走防止は重要です

玄関や窓には脱走防止の柵をつけるようにしましょう。

また、網戸はひっかかれても破れない、強度のある網戸を使うことをお勧めします。なかには窓を開けてしまうねこちゃんもいるので、補助鍵をつけるといいでしょう

 

・カーテンレールを一工夫

カーテンレールを天井埋め込みカーテンボックスにすることで、レールの上を歩く防止になります。

 

・ねこちゃんがいても障子が使えます

ねこちゃんがいると障子をつくってしまうと穴だらけにされてしまいそうと思うかもしれませんが、ワーロンシートという素材を使えは丈夫なので、破られる心配はありません。

 

・トイレスペース

ねこちゃんはとても綺麗好きなので、トイレはいつも清潔にしていてください。また、排泄物を隠す習性があるので、トイレスペースを人目につかないところに設置するといいでしょう。

 

・照明にも注意が必要です

ゆらゆら揺れる照明はとても危険です。ねこちゃんにとっては楽しいおもちゃになってしまうので、照明を選ぶ際も気を付けて下さい。

 

 

ねこちゃん・わんちゃんに共通して言えることは、「自分のスペース」を与えてあげること。

とくに縄張り意識の強いねこちゃんには、かならず、人が集まるリビング等にゲージを設置してあげて下さい。


ページ上部へ戻る