色で決まる!お部屋のインテリア


部屋のインテリアは3つの色が決めて

 

私たちが暮らしている中で色は重要な役割をしています。

暮らしの中にはたくさんの色があり、その色によって人の心は様々な影響を与えているからです。

例えばリビングの電気が白っぽいものより、オレンジっぽいものの方が暖かさを感じられませんか?

これも色の影響です。実際より寒く感じたり暖かく感じたり、心に安らぎや元気をくれたりと、私たちは知らないうちに色の力を感じて生活しています。

部屋のインテリアを考えるなら、まず色から考えてみませんか?

インテリアを自分に合った色を組み合わせることで、おしゃれで居心地のいいお部屋をつくってみてはいかがでしょうか?

部屋に使う色は「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つの種類が決めてとなります。

 

ベースカラー

「ベースカラー」とは、全体の基本となる色です。最初にこの色を決めます。

これは全体の70%とします。ベースとなる色の配分で部屋の印象が変わります。

床や壁など面積が大きい場所の色になります。

 

メインカラー

「メインカラー」は部屋のテーマカラーとなる色です。次にこの色を決めます。

面積配分は25%程度とします。ソファ、カーテンなどにメインカラーを配分すると良いでしょう。

 

アクセントカラー

最後に「アクセントカラー」を決めます。

「アクセントカラー」はインテリアのポイントで、空間をピリッと引き締める色になります。

クッションや壁に掛ける絵などに配分するといいでしょう。面積配分は5%程度とします。メリハリがでるように鮮やかで強い色を選びます。

自分の好きな色、ベースに溶け込まないメリハリある色選びをすると良いでしょう。

一般的にはアクセントカラーは、ベースカラーやメインカラーの反対色か類似色から選ぶと、バランス良くまとまると言われています。

 

 

ベッドルームにおススメのカラー

 

実は色には様々な効果があると言われています。

今回は是非ベッドルームにおススメしたいカラーをご紹介します♪

 

ブルー

鎮静効果に優れた色の為、人はブルーに囲まれると、皮膚の温度が下がり呼吸と脈拍が、ゆっくりになります。その際、リラックス時や精神集中時に出るα波という脳波が増えます。従って不眠症や片頭痛、肉体的・精神的に活動過多になっているときにおススメです。

 

グリーン

目の保養にもいい色で心を落ち着かせ気分のリラックスになります。筋肉の緊張をほぐしたり、殺菌作用や鎮痛作用もあります。南に配置すれば、強すぎず気を和らげ、客観的な判断もできうまくバランスがとれるでしょう。

 

ホワイト

純真な心を引き出す色で、特に脳の働きに効果があります。知覚を敏感にし、個性的で清潔感ある雰囲気を演出してくれます。

 

ピンク

愛と癒しの色で、自分をいたわる気持ちになれたり、幸せを感じられる色です。冷たい感のある北に使えば優しい雰囲気に。女性で恋愛運や結婚運を良くしたい方は、ベッドカバーやカーテンの色を薄いピンク系にすると良いでしょう。

 

オレンジ

力と勇気が出る色。ストレスがたまった時には気分をすっきり爽快にして自己回復力がアップ。

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ戻る